FC2ブログ

FX 南アフリカランドで億まで稼ぐぞ!

FXのトレード日記。特に南アフリカランドなど高金利通貨の情報を収集します。

キウイ強し!

キウイがけさ方の第2四半期GDPの好結果を得て、87円台に乗せた。チャート的にも200日線を超え、一目の雲からも顔を出したことから、87円から更に上値を試すことになるだろう。
目安としては90円の大台か・・・。

東京午後のドル・円相場は小動き。午前に見られた仲値後のドル売りが一巡し、115円台前半で推移。序盤は、国内投信絡みで円売りが見られ115.20円台まで値を戻したが、日経平均株価が軟化しマイナスで引けたことから、ドル・円の上値も重くなり115円付近まで再び弱含む展開となった。現在はドル売りも落ち着き、欧・米時間に控える指標発表待ちムードとなっている模様。一方ユーロも小幅での値動き。本日発表された、独8月小売売上高指数が悪化したものの直接的な反応はなく、対円対ドルともにレンジ内での取引となった。現在は、ドル・円同様に材料待ちムードとなっており、積極的な取引は手控えられている様子。


保有
ZAR/JPY10万ランドL  16.21→
NZD/JPY1.5万キウイL 82.30→
USD/JPY0.1万ドルL 114.88→
TRY/JPY0.1万リラL  93.61→

にほんブログ村 為替ブログへ


e_01.gif


スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FX日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

円キャリー再開か?

日経平均が300円以上上昇し、特に新興市場の回復が見られ、外国人投資家も買い戻しが進んでいる。この結果を受け、クロス円が上昇。特にキウイの今朝の8月住宅建設許可の数字が好結果となり値を伸ばした。ここは押し目のタイミングかもしれないが、NY時間まで様子を見よう。

東京午前のドル・円相場は小動き。序盤、本邦株式市場が200円以上上昇したことを受けたドル買いや外貨建て投信設定に絡むドル買いが出た一方で、国内輸出企業などによるドル売りや利益確定のドル売りが出て、売買が交錯する格好となった。そのため、ドル円相場の変動幅は限定された。現在は特に目新しい材料もない中、115円台半ば付近で推移している。一方、27日早朝にNZの8月のNZ住宅建設許可件数が前月比+5.8%の結果を受け、下値を支えた様子。現在は堅調に推移し、86円台で取引されている。

保有
ZAR/JPY10万ランドL  16.21→
NZD/JPY1.5万キウイL 82.30→
USD/JPY0.1万ドルL 114.88→
TRY/JPY0.1万リラL  93.61→

にほんブログ村 為替ブログへ


e_01.gif



FX日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雇用統計を嫌気し円高急進

先週金曜日の雇用統計の数字が予想に反して悪い数字だったため、またもドル円は112円台に突入。けさも1円近く下げたところからスタートした。この時間かなり戻しているものの、二番底かどうかは確認できず。本日NYダウの結果などにより、更に円高に振れるかもしれない。要注意。

東京午後のドル・円は、やや反発。午前に引き続き本邦輸入企業のドル買いが断続的に出ていることや、日経平均がいったん下げ止まったことから徐々に値を戻し、一時113.30円台まで上昇した。ただ、市場ではこの後の欧州勢の動向待ちムードとなっている様子で、現在は113.10円付近で小動きとなっている。また、ドル・円の上昇に連れてクロス円の買いも散見されており、ユーロ・円は156.10円台をつけた後は、155.80円前後で推移している。一方豪ドル・円は、本邦筋の豪ドル買いが出ている様子で一時93.20円近くまで値を上げ、現在は92円後半で取引されている。


保有
ZAR/JPY10万ランドL 16.21→
NZD/JPY1.5万キウイL 82.30→
USD/JPY0.1万ドルL 114.88→

にほんブログ村 為替ブログへ


e_01.gif



FX日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10万ランドからの攻防

実に5カ月ぶりの更新。というのもユーロ円とポンド円ショートで大敗し、退場寸前まで行ってしまったからだ。この8月の歴史的な円高にどうやら耐え(現在も進行中かもしれないが)、ようやくやる気が出た。
トレードの仕方としては、短期はチャンスがある時だけ。基本姿勢は長期ロンガー。そしてスワップ狙いという姿勢を明確にします。

東京時間午前のドル・円は反発。序盤は前営業日NY時間の米7月中古住宅販売保留の悪化や米国株下落を材料として軟調地合いで取引を開始し、115円台付近に控えていたストップロスを巻き込みながら、一時本日最安値である114.80円台まで下落した。その後は、下落が懸念されていた日本株が下げ止まったことを受けて、本邦実需筋やアジア筋によるドル買いが優勢となり115.50円台まで反発し、現在も同水準で落ち着いた値動きとなっている。一方、豪ドル円は8月の豪雇用統計で、失業率は市場予想平均と同じ4.3%だったものの、新規雇用者数が3万1900人増と市場予想平均(1万7500人程度増)を上回ったため、買いが優勢の展開となり94.80円台まで上昇、現在も堅調に値を伸ばし95円台での取引となっている。


保有
ZAR/JPY10万ランドL 16.21→
NZD/JPY1.3万キウイL 83.90→

にほんブログ村 為替ブログへ


e_01.gif



FX日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |